催し案内一覧


NPO日本有機農業研究会・有機農業市民セミナー 第2回

種から育てよう―有機のタネの採り方・育て方

~農業がおもしろくなる自家採種~

○2022-09-07

 

 種苗法一部改正案が成立し、4月から自家増殖許諾制が始まった。登録品種であっても、従前と変わらなく自家採種できるものもあれば、許諾を受ければ、許諾料を払わなくても自家採種できるものもある。すでに登録が消滅したものもある。在来種は全く問題ない。そして自分好みの視点で母本選抜をすれば自分なりの品種の育成ができる。第2回セミナーでは、今までの経験から自家採種の仕方、おもしろさをお話しします。

 

日時 9月7日(水) 19:30~21:00
開催方法 Zoomオンライン開催
お申し込み info@1971joaa.org (日本有機農業研究会 事務局)
件名にセミナーのテーマか日付、本文にお名前・電話番号・所属等(あれば)を記入の上、上記のアドレスにメールをお送りください。お申込み後に、ZoomのURLなどをメールでお送りします。
参加費 500円(お申込み時にお支払いください。)
ゆうちょ銀行 郵便振替口座 00180-0-165363 (特非)日本有機農業研究会
(他行から) 支店 〇一九(ゼロイチキュウ)当座 165363
講師 林 重孝(しげのり)さん
(林農園、日有研副理事長、種苗部長 )
補足 ・日有研会員以外の方も参加できます。
・視聴参加にはインターネット回線およびパソコン、スマートフォン、タブレットなどが必要です。
・日本有機農業研究会は、ボランティアの会です。会員の会費と市民からの寄付により活動しています。

  講師紹介

林 重孝

77年明治大学農学部を卒業し、家業の農家を継ぐ。近代農業に疑問を持ち、79年に家を出て、埼玉県小川町の霜里農場(金子美登さん)で一年間住み込み実習。ふたたび家に戻り、有機農業を始める。84年に結婚し、農産加工にも力を入れ始める。

 

99年10月から、NHK文化センター(2019年10月からイオンカルチャークラブに移行)の講師も務める。著書に「有機農家に教わるもっとおいしい野菜のつくり方」(家の光協会)、「有機農業ハンドブック」(農文協、共著)、「有機農業公園をつくろう」(日本有機農業研究会、共著)、「食と農の原点」(日本有機農業研究会、共著)、「現場から見た『戦後農政の大転換』」(農文協、共著)、「種から種へつなぐ」(創森社、共著)など。

 

NPO法人日本有機農業研究会副理事長、有機JAS認定機関有機農業推進協会常任理事。03年度毎日農業記録賞優秀賞受賞。09年環境保全型農業全国コンクール有機農業部門農林水産大臣賞受賞。

 

 


ダウンロード
B5ちらし 9月7日 日有研セミナー 種から育てよう 林重孝さん .pdf
PDFファイル 254.2 KB


日本有機農業研究会・夏のシンポジウム 2022 

日本有機化プロジェクト 第1弾

「東西有機農業の里に学ぶ有機な地域の作り方」

○2022-08-27 催し報告はこちら

 

 日本に有機農業をもっと広めるにはどうしたらいいのか?みんなで学び、みんなで考える「日本有機化プロジェクト」。その第1弾となる夏のシンポジウムでは二つの地域にヒントを得て豊かな自然環境や食文化を未来へつなぐための方法を考えます。

兵庫県丹波市(橋本有機農園 橋本慎司さん、丹波優しい給食の会 藤本理恵さん)

 全国でもいち早く有機農業を取り入れた市島町。橋本さんは、1989年に移住し、有畜循環型の農業を実践。同地域内の活動にとどまらず、国際的な有機農業団体にも深く関わってきた。藤本さんは、「丹波市の学校給食をオーガニックに!」するべく会を立ち上げ署名活動を行ったり、勉強会などでオーガニック食材の魅力を伝える活動をしている。

埼玉県小川町 有機生産者グループ

 1995年設立。長年、小川町で有機農業を実践してきた霜里農場を軸として、消費者と生産者が支え合う仕組みが地域内外に拡大し、食とエネルギーの自立循環型の社会形成が進んでいる。また、町役場が「小川町有機農業推進協議会」事務局となって協力。新しい有機農業収納者を増やすと同時に、地元の慣行農家とも一眼となって地域課題に取り組んでいる。

日時 8月27日(土) 13:30~16:00
開催方法 Zoomオンライン開催
お申し込み https://onl.la/hRmiCYu、またはチラシ QRコードから
参加費 無料
プログラム 13:30      開会
                               日有研・魚住道郎理事長挨拶
13:40~14:25 埼玉県小川町からの報告
                               金子宗郎さん(生産者)、八田さん(NPO法人霜里学校)、内田さん(小川町役場)
14:30~15:20 丹波市からの報告 橋本慎司さん(生産者)、藤本理恵さん
15:20~15:25 5分間の休憩
15:25~15:55 ディスカッション+質疑
15:55~16:00 今後の事業案内など
16:00     閉会
お問い合わせ info@1971joaa.org(日有研事務局)/ 03-6265-0148
補足 ・日有研会員以外の方も参加できます。
・視聴参加にはインターネット回線およびパソコン、スマートフォン、タブレットなどが必要です。
・日本有機農業研究会は、ボランティアの会です。会員の会費と市民からの寄付により活動しています。

NPO日本有機農業研究会・有機農業市民セミナー 第1回

~地域と自給を考える~

地域自給・有機農業・学校給食をつなぐ~柿木村/吉賀町の経験から~

○2022-08-01

 

 島根県吉賀町は、地域ぐるみの有機農業、それも自給を大切にした有機農業がさかんな地域です。さまざまな規模の有機農家が地域の中で連携し、学校給食には、早くから地元の有機食材を取り入れています。UIターンもさかんです。第1回セミナーでは、地域自給と有機農業をつなぐとりくみを続けている吉賀町から、自給や地産地消をベースに、地域の学校や都市とつながる有機農業の魅力や意義について考えます。

 

日時 8月1日(月) 18:00~20:00
開催方法 Zoomオンライン開催
お申し込み info@1971joaa.org (日本有機農業研究会 事務局)
件名にセミナーのテーマか日付、本文にお名前・電話番号・所属等(あれば)を記入の上、上記のアドレスにメールをお送りください。お申込み後に、ZoomのURLなどをメールでお送りします。
参加費 500円(お申込み時にお支払いください。)
ゆうちょ銀行 郵便振替口座 00180-0-165363 (特非)日本有機農業研究会
(他行から) 支店 〇一九(ゼロイチキュウ)当座 165363
講師 福原圧史さん
(食と農・かきのきむら企業組合、元吉賀町職員、日有研幹事)
コメンテータ 相川陽一さん
(地域自給と「ふだんぎの有機農業」、長野大学教員、日有研幹事)
司会進行 花崎雪さん
(島根大学大学院生、島根県吉賀町「草の庭」、日有研幹事)
補足 ・日有研会員以外の方も参加できます。
・視聴参加にはインターネット回線およびパソコン、スマートフォン、タブレットなどが必要です。
・日本有機農業研究会は、ボランティアの会です。会員の会費と市民からの寄付により活動しています。

有機給食で地域をひらく vol.2

○2022-02-27

 

 長野県佐久穂町にて織座農園の窪川さんと「有機給食で地域をひらく vol.2」を開催いたします。

 土壌学の第一人者、横山和成教授を講師にお招きして、講演とディスカッションを行うことで、有機農業の新しい可能性を保護者や教育関係者、子どもたちの食に関わる専門家たちとシェアする一日を企画いたしました。

 

講師:横山和成教授(立正大学)

日時:2022年2月27日(日)

場所:佐久穂町 茂来館 和室

参加費:大人 2,000円/大学生 1,000円/高校生以下 無料/LIVE配信参加 1,000円

お申込みフォーム:https://forms.gle/nuz3xuiuMXtwk7QK7 、またはチラシ QRコード   

お問合せ:DONGRING 「有機給食で地域をひらく」

     実行委員 櫻井正喜 027-350-7012

≪タイムスケジュール≫

 09:30      会場

 10:00~12:00 横山和成教授 講演 「土の生命がみちびく新しい日本」

 12:00~13:00 昼食休憩

 13:00~15:00 座談会   ちいろばの杜「有機つながり給食」実践報告

           全体ディスカッション

           「有機給食がもたらすモノとコト」


国際部より ** オンラインセミナーへのお誘い **
ベトナムの有機農業の現状 - PGSと農村復興 -

○2022-02-20

講師 伊能まゆ さん

   特定非営利活動法人 Seed to Table 代表

   日本国際ボランティアセンター(JVC)ベトナム事務所元代表

日時 2022年2月20日(日)14時~16時

場所 Zoomによるオンライン開催

参加対象 本会会員  、一般

定員 先着100名(要・事前申し込み)

申込方法 メールで日本有機農業研究会へ

参加費 1,000円 2月15日までに 郵便振替口座 00180-0-165363 へお振込みください。申込と入金確認後、メールでZoom招待状をお送りします。

 

※視聴参加にはインターネット回線およびパソコン、スマートフォン、タブレットなどが必要です。

 

問合せ 日本有機農業研究会

    TEL  03-6265-0148 FAX  03-6265-0149      

                E-mail  info@1971joaa.org

ダウンロード
2022 日有研セミナー ベトナム有機農業の現状.pdf
PDFファイル 643.7 KB


50周年記念映画「みんなの土と空」オンライン上映会

○2021-10-17

日 時:10月17日(日)/午後1時~

参加費:無料

定 員:100名(事前申し込み、先着順)

お問合せ:info@1971joaa.org(日有研事務局)/ 03-6265-0148

事前申込制:下記URLから事前登録をお願いいたします。折り返し、Zoomの招待状をお送りいたします。

    https://zoom.us/meeting/register/tJErcuytpzotGtT6Bop-QQC0l8ZqSMJqSrkj


結成50周年記念シンポジウム 「さあ、有機の時代へ」

○2021-08-28

参加方法:オンライン(ZOOM)

参加費:無料

定員:100名(事前申し込み、先着順)

お問合せ:info@1971joaa.org(日有研事務局)/ 03-6265-0148

事前申込制:満員御礼!! 受付終了しました。

 

プログラム

 日時:8月28日(土)

 【第1部】13:00~13:40 

   講演「みどりの食料システム戦略―概要と問題点」(講師:久保田裕子氏)

 【第2部】13:50~16:00 実践報告とディスカッション

   コーディネーター:江原浩昭氏(埼玉県鴻巣市・ガバレ農場)

   報告者:

   ・明石誠一氏(埼玉三芳町・明石農園)

   ・樋口かおり氏(大阪交野市・かたのの森のようちえん - いしころえん)

   ・浅見彰宏氏(福島県喜多方市ひぐらし農園)

   ・森田加代子氏(熊本県宇城市・うきうき森田農場)

   ・松沢政満氏(愛知県新城市・福津農園)

ダウンロード
2021日有研夏シンポジウム.pdf
PDFファイル 297.4 KB

 

前へ